盲導犬が刺された事件、、、

先住犬、空ちゃんが家族に

なって、わんちゃんも家族と

思うようになり、その時読んだ

本が『ハッピー』



漫画ですが、かなり

泣けます、

気持ちがブルーになった時

読むと頑張ろって思える本です

人に貸してあげて

気持ち共有中です(#^.^#)主人公の

生き方に共感が持てた事と

盲導犬の素晴らしさと大変な

仕事(わんちゃん)と言うこと

がわかり、盲導犬の募金を

する様になりました(#^.^#)

だからこそ!絶対許せない

人として、恥ずかしいとは

思わないんだろうか?

広島の土砂災害の避難宅の

空き巣も、考えられないと

思いましたが(>_<)

盲導犬は犬かもしれないけど

目が見えない人の、希望の光

なのに(/ _ ; )

早く犯人が捕まります様に・・・

クリックお願いします~ にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
スポンサーサイト

edit↓top↑

コメントの投稿

secret

2014.09.07 Sun 12:28

私も盲導犬を支援しています

初めまして。私も盲導犬を支援していて、盲導犬協会の賛助会員で、毎月1000円(クレジットカードからの自動引き落し)を募金しています(^_^)/
 それで、視覚障害者を含め、障害者の方々を支援する方法が、募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、障害者支援の役に立ってもらいたいので(^^)

2014.09.07 Sun 18:48

せきぐちさんへ

情報ありがとうございます、
子供達の学校にバザーなどの
商品はあげるので、今はないのですが
卒業した時には、協力したいと
思います(*^^*)

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)