レンタルペット?

こんな記事みたんだけどね~( ̄▽ ̄;)
どうなんだろ?
私、蘭ちゃんを貸したり出来ないなぁ

でも、沢山いる、わんこ
有効利用?になるんかな~

でも、散歩してくれるから
助かるみたいな感じって、う~ん

フレンドリーな仔になるのかなぁ
その子達が幸せならいいんだけどね
わんこのお仕事みたいな感じかな?



のほほんわんこ

下記長いで~す(笑)

人の心に寄り添い、癒やしてくれるペット。なかでもイヌは、ネコと人気を二分する存在で、縄文時代の遺跡から骨が出土するほど付き合いは長い。だが、現代はペットの飼育を禁止しているマンションは多く、許可されているとしても費用の面など世話ができないなどの事情で飼えない人も少なくない。そんな人たちのために、イヌを時間でレンタルできるサービスがあり、人気を集めている。(櫛田寿宏)

 愛犬美容学校の横浜トリミングスクール(横浜市港北区)は、JR新横浜駅が最寄り駅の教育施設で、レンタルの草分け的存在だ。ここでイヌをレンタルするには、まず身分証を提示してから注意事項の説明を受け、書類にサインをして会員になる。入会金は540円。

 写真でイヌを選び、レンタルする。生後3カ月の子犬から7、8歳の成犬まで40匹がレンタルの対象。いずれもしつけをしてあり、トリミングは万全だ。リードと「うんち袋」、「おやつ」もセットになっている。代表の篠崎紘一さんは「手ぶらで来ていただけます。電車で家に連れて帰るなら、キャリーケースも有料でお貸ししていますよ」と説明する。

 料金は1時間540円、1日(午後4時半までに返却)2160円。2日分の料金を払うと、1泊で借りることもできる。長期レンタルすることも可能で、1カ月3万2400円だ。

 篠崎さんによると、レンタルするために訪れるのが多いのは、家族連れと若いカップルだという。「人と人の間にイヌがいるだけで雰囲気が和みます」と篠崎さん。同スクールは大きな公園や日産スタジアムに近く、イヌと散歩するには絶好のロケーション。山下公園など横浜を代表する観光名所を、イヌと一緒に散策する人も多いという。

 好きなときに好きなだけワンちゃんと触れられるのだが、魅力はそれだけではない。自分でイヌを飼うとなると、費用をかけて保健所に登録して予防注射を受けなければならない。エサ代、トリミング代などを含めると、「年間20万円以上はかかる」(篠崎さん)。レンタルは費用の面でもメリットが大きい。

 同スクールがレンタルを始めたのは10年ほど前。スクールでは生徒が毛の手入れをするため、たくさんのイヌを飼っている。これを「モデル犬」と呼んでいるが、10年ほど前に、近所の住民の要望で貸し出すようになった。住民にとっては散歩の楽しい相棒になり、スクールにとってはイヌの運動をしてもらえる。双方にメリットがあり、当初は無料だった。

 口コミで利用者が増えたため、7年前から会員制にして料金を取るようになった。現在の会員は約1000人。晴れて陽気のいい日だと、40匹すべてがレンタルされることもあるという人気ぶりだ。篠崎さんは「料金を低く設定しているので、とてももうけなんて出ません。イヌが好きだからやっているんですよ」と笑顔で話している。

     ◇

 【取材後記】取材前、イヌのレンタルの利用者は、実際に飼う前にちょっと試してみる人が多いのかと思っていましたがさにあらず。都会の住宅事情ゆえに人気が出ているということに驚きました。


~おまけ~
昨日は、抱っこの事で沢山
色々教えて貰ってありがとう(#^.^#)

案外皆、抱き上げがダメとわかって
ちょっと、安心←やっぱり一人だと
さみしいじゃん~(笑)

フラワーに行った時に
わんこ連れの方と話してた時に
おじさんがこれ位の小さい仔に
前噛まれてね~と話してて
すかさず、おばさんが
そりゃ、躾ご悪いんよ!いばり!

そして、良かったね~
躾が出来てるけんね~と
私と蘭に言われ

私の心の声(え~蘭ちゃん
抱き上げそうになると、
噛むなぁ、この方(;^_^A
ヤバイ)と思ったの~(笑)

その後、あはは、
ホンマですよね~と

去って行った、私と蘭

~おまけのおまけ~


母の日にケーキ
何故かねぇのお友達から(笑)
ねぇのは、なかったよ(笑)
ご飯作りに行ったら、
ねぇの友達が居て頂きました
ごちそうさま~



一番下のねぇが作ってくれた
白玉入りフルーツポンチ
おいしかったよ~

母の日は、ばーちゃんには
前もってあげてました~

うまうま母の日でした
ありがとう(*´∇`*)


コメント欄は閉じていますが
拍手コメ欄は開いています、
ポチッとお願いします

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

edit↓top↑

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)