花火でビクッ? 迷い犬、8月に増加 光や音に反応 雷も要注意

昨日は、広島の花火大会があり

遠くだけど、音がするから

気になったわ~

家は締め切ってるから

でも、なんとなく聞こえてくる

蘭ちゃん、花火嫌いだからなあ

(;^_^A

しかも、パニックになったら

ママの声も聞こえなくなるのよ

どうすりゃいい?(~_~;)



こんな時はリラックス蘭

皆、気をつけようね

毎日の付き添い案外

疲れて毎日爆睡です(ー ー;)

コメントも中々行けてません

ごめんね~(;^_^A

以下引用です

いよいよ夏本番。ペット保険を手がける会社の調査によると、8月は最も多く迷い犬が発生する月です。全国各地の保健所なども、夏場の迷い犬について注意を呼びかけています。なぜ8月に多いのか? 原因とみられるのは「花火」や「落雷」です。今週末の隅田川花火大会をはじめ、各地で花火大会が開かれる季節。犬を飼っている方はご注意ください。

ペット保険を手がける会社が調査

 迷い犬に関する調査を実施したのは「アニコム損害保険」。2011年4月1日~2015年3月31日に同社の「迷子捜索サポートサービス」に寄せられた捜索依頼の情報154件を月別に集計したところ、8月が19件で最も多くなりました。

 迷子になった原因の上位は、「散歩中にリードが外れた」(13件)、「花火・雷の音に驚いて逃げてしまった」(11件)、「玄関のドア(窓)を開けていたら、外に出てしまった」(8件)の順でした。

 アニコム損害保険の広報担当者は「昨年3月末時点では花火・雷の音で逃げたケースが最多でした。これからの季節、雷や花火の大きな音に驚いて逃げ出してしまったというケースが多くなるので、犬の飼い主は十分な注意が必要です」と話します。

保健所なども注意喚起

 各地の保健所なども注意喚起をしています。

 岡山市保健所によると、昨年1年間のうち、犬の捜索依頼件数が最も多かったのは8月で34件。次に多かったのが4月の22件なのでダントツに多かったそうです。

 理由については「詳しい内訳はわかりませんが、雷が多いことや、夏休みで子どもが散歩させる機会が増えて、不注意から逃がしてしまうこと、暑さからドアを開けることが増え、室内で飼っていた犬が逃げてしまうことなどが考えられます」と話します。

 熊本県はホームページ上で「雷雨の日、花火大会の日はご注意を」と呼びかけています。健康危機管理課によると、毎年、梅雨の時期や花火大会の翌日は、飼い犬が県保健所や熊本市動物愛護センターに多く保護されるといいます。

 今年に入ってからも、4月以降に雷が原因とみられる迷い犬の保護が数件あり、雷の翌日に路上で犬が死んでいたこともあったそうです。

 熊本県八代市で開催される「やつしろ全国花火競技大会」の後も、迷い犬が増えますが、昨年は「飼い犬が逃げた」という連絡は2件のみでした。健康危機管理課は「例年、ホームページやラジオで注意喚起しており、浸透してきた結果ではないでしょうか」とみています。

お帰りにポチっとお願いね!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

コメント欄は閉じていますが 拍手コメ欄は開いています
スポンサーサイト

edit↓top↑

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)