白い粉がびっくり!超便利だよ

とっても、いい記事見つけちゃった

歯磨き用に

リーバスリーとクロロバイト

買ったばかりだから

もうちょっと早く

知りたかったわぁ~でも

皮膚炎になったの、歯磨き始めて

3日目になったのよね

まさかですが、合わないのでは?

と思って、ちょっと

やめてたの

だから、重曹にしよ~

食用だと、更に安全だよね(#^.^#)

以下、Yahoo記事を引用します

犬や猫などのペットを飼っている働き女子のみなさん、ニオイ対策はどうしているだろうか?

市販のペットグッズはいろいろあるが、人間よりもニオイに敏感な犬や猫であるだけに、香料はもちろん添加物なども気になるところ。

そんなペットのニオイ対策に大活躍するのが、なんとあの“重曹”なのだ。そもそも重曹とは“炭酸水素ナトリウム”のことで、弱アルカリ性の物質。酸性のものと中和したり、嫌なニオイを吸収する作用がある。

今回は、海外サイト『Daily Makeover』などの記事を参考に、重曹を利用してペットとの生活を安全かつ快適にする方法をご紹介しよう。



■1:“重曹歯磨き”で口臭を防ぐ!

犬も年を取るにつれて、口臭がきつくなる。かわいい愛犬とはいえ、やはり顔を近づけると漂う口臭は、改善したい。そこで活躍するのが重曹だ。

愛犬の口臭が気になったら、重曹をつけたブラシで歯磨きしてあげよう。重曹は研磨力があり、そして無害なので、犬の歯磨きに利用可能なのだ。重曹の成分が、嫌なニオイを吸収してくれるだろう。

もちろん、やりすぎると磨きすぎるおそれもあるため、獣医さんに相談しながら時々活用するのがよいだろう。



■2:リードやおもちゃの洗浄・除菌に

おもちゃを振り回しながら、公園を走り回る愛犬。だが、戻ってきたらおもちゃはよだれと土でベトベト。リードを地面にすりながら走り回った結果、リードもドロドロ……。そんなときにも重曹が大活躍する。

帰宅したら洗面器などに水を張り、重曹を適量入れて、ベトベトになった愛犬のおもちゃをつけておこう。しばらくおいてから、スポンジなどで水洗いすれば、きれいに汚れがおちる。

リードは朝も昼も散歩で使用する場合も多いので、朝洗ったら、乾くまでの間にも使える“スペア”を用意することをお忘れなく。



■3:自宅での“粗相”もきれいに!

自宅でペットを飼っていると、避けられないのが“粗相”の危機。しつけがまだできていない子犬の時期はもちろん、老犬になってくるとどうしても粗相をしてしまうもの。

そんなときは重曹水で床をふき、気になるようであれば重曹をその場にかけておくと、翌日にはきれいになっている。また、自宅内にペット用トイレを設置している場合は、そこに重曹をおいておくことで消臭作用も期待できる。



以上、ペットとの快適ライフに重曹を活かす知恵を3つお伝えしたが、いかがだろうか?

ペットといえども、飼い主にとっては家族も同然。いつも清潔にしてあげたいし、体によいものを使ってあげたいと思う飼い主さんは多いだろう。

ペットショップに行けばたくさんの商品が並ぶが、できるだけ化学的なものは使わず、自然の力で対処していきたいものである。

長々ありがと~

お帰りにポチっとお願いね!

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

コメント欄は閉じていますが 拍手コメ欄は開いています
スポンサーサイト

edit↓top↑

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)