「人によって捨てられた犬が人の命を救う」



今週は綺麗なバラ(*^^*)

今日も仕事のママ( ̄▽ ̄)

蘭はパパとおうちでお留守番です

今、ネパールの地震で活躍中の
ゆめのすけ君、殺処分の数が
多すぎてと言う、最低な広島は
どうなん!と思う、でも、災害救助犬
は、更に大変だけど、きっと殺処分より
いいよね?こういう事に税金
使うなら大賛成!殺処分0にして
くれ~皆共存したいよ!

どんな理由があるにせよ
保健所に、ワンコを連れて行く人とは
一生歩みよる事は、出来ないわ(ー ー;)

下記、Yahooより引用です

殺処分寸前の捨て犬から災害救助犬になった「夢之丞(ゆめのすけ)」。広島土砂災害でも活躍し、現在は地震で大きな被害を受けたネパールで活動中です。殺処分される予定だった日、処分数が多くて後に回されたことで助かった夢之丞。人によって捨てられた命が、災害に苦しむ人たちの命を救うべく活動しています。
現在カトマンズに派遣中
夢之丞は、紛争地や被災地で人道支援をしているNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島県神石高原町、PWJ)の災害救助犬です。現在、ネパールで起きた地震の被災者救援と支援のため、PWJの緊急支援チーム6人と、仲間の災害救助犬ハルクとともに、首都カトマンズで活動中です。チームは倒壊した建物の周辺などで捜索活動を始め、水や食料などの支援物資の調達にもあたっているそうです。救助犬向きとは言えなかった
2010年11月、夢之丞は広島県動物愛護センターにいました。殺処分される順番の日でしたが、処分数が多くて後に回されました。そんなとき、救助犬候補を探しに愛護センターを訪れていたPWJのスタッフが夢之丞を見つけ、引き取ったのです。
「人によって捨てられた犬が人の命を救う」という目標の下、専門のドッグトレーナーが捜索や救助の訓練をしてきました。生後4カ月だった夢之丞は人への警戒感が強く、救助犬向きとは言えなかったといいます。まずは人に慣れさせ、「待て」「座れ」などの基本動作を覚えさせました。人の指示に従う訓練や、がれきの中を歩く練習などを繰り返したそうです。広島土砂災害でも活躍
災害救助犬の役割は、地震などの災害時にいち早く現場に駆けつけ、がれきや土砂の中から一人でも多くの命を見つけ出すこと。初めての出動は、昨年8月の広島土砂災害の現場でした。仲間のハルクとともに土砂が流れ込んだ民家を捜索し、行方不明になっていた遺体を発見しました。人を捜すのに必要な好奇心が持続せず、臆病だったという夢之丞。広島に続いて昨年末には台風被害を受けたフィリピンへ派遣されていて、今回のネパールで3度目の出動となります。PWJの広報担当・大成絢子さんは「ネパールでも犬とスタッフの安全を第一に考え
ながら、一人でも多くの命を救えれば」と話しています

長くてすみません

広島から、こうゆう事をした人が
いるって、嬉しいな!

パピヨンポチッとお願いします♪( ´▽`)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

コメント欄は閉じていますが 拍手コメ欄は開いています
スポンサーサイト

edit↓top↑

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)