FC2ブログ

ペットの防災対策の記事見て!買ったよ!

以下、Yahooより引用です

下記非常に考えまして、

とりあえず、靴下を買いました~

長いのですみません

災害時はわが身はもちろんペットもともに避難できるようにペットの防災対策も考えなくてはなりません。 家族同然の愛するペットを守って上げられるのは飼い主だけなのです。

ソノ日に備えて犬や猫などのペットともに安全避難するのは飼い主の義務でもあるはずです。 先の大震災では、避難時に断腸の思いでペットを置いて避難したり、助けることができずにいた飼い主も多いとききます。

そんな悲しい思いをしないためにもペットの防災対策や準備を万全にしておきましょう。

ペットを避難の際にも周りに迷惑をかけずに、迅速に動けるためには幾つかのしつけや準備が必要です。 そのひとつがクレートトレーニングです。

クレートトレーニングは、クレートといわれるペットを運ぶケージやコンテナにはいることやそれに慣れさすトレーニング・しつけです。

緊急避難時に小型犬や中型犬などは、リードで連れて歩くよりもケージなどで運んでいくのがおすすめです。 音や普段と違った様子に驚いたペットはいくらしつけが行き届いていても予想できない行動を起こしがちです。

ケージなどに入れて一緒に移動できれば離れ離れになる事もなく安心ですね。、 そのためのしつけの方法は、普段からドライブなど必ずケージやクレートに入れて連れて行ったりして慣れさせることです。

おやつなどペットの好きな事をケージの中で行うのも良いトレーニング・しつけになります。 犬などペットが失敗をしたときやしつけ時の罰としてケージに押し込めるのはやめましょう。

これでは、ケージ=嫌な所、怖い所とイメージづいてしまいます。 犬にとってケージは落ち着く安全で楽しい所というイメージを与えなければなりません。

上手にしつければ、犬はケージの中が自分のテリトリーとして居心地のよい場所と認識してくれるのです。 災害時に避難した避難先での環境の変化でも、ケージやクレートがあれば犬の不安を和らげることができるはずです。

次に、持ち運ぶのが困難である中型犬や大型犬の場合は避難する際に一緒に歩いていかなければなりません。 リードをつなぎ徒歩での避難となるのです。

そのときの注意として、普段から犬は裸足が多いので、瓦礫の上は危険だと考えましょう。

人も同じで災害用のシューズなど靴底に鉄板が入り釘などを踏んでも運動靴のように踏み抜いてしまうことがないものがおすすめです。

同様に犬など大型ペットの場合にも靴や靴下を用意してあげましょう それには普段からのトレーニング・しつけが必要です。

散歩のときに犬用の靴や使い古しの靴下でもかまいません。 犬が避難時に嫌がらないように履かしておいて慣れさせるのです。

犬に履かせる靴や靴下は災害時だけでなく、夏の焼けたアスファルトやマンホールでのやけどを防ぐためにも必要ですね。

大切なペットを傷つけないように飼い主が準備してあげましょう。

そのほかに災害の避難時に必要なトレーニング・しつけは、お座り・待て・ツケですね。 お座りや待ては普段からしつけられているペットも多いのでしょうがツケも教えておくと良いと思います。

普段からペットを先に歩かせていると、避難時に不安なイヌは首輪など抜けたとき走り去ってしまうかもしれません。

普段から飼い主の脇を歩くしつけをしておきましょう。 それには、散歩で戸外に出る時など飼い主が先に出ることです。

飼い主が主導権を握っていると犬に認識させることで、犬は従うようになるでしょう。 ペットのためにも、甘やかしすぎは控えて飼い主が主導権を取る立場を作りましょう。


う~ん、出来て無いことだらけですが

いつ、災害はくるかも

しれないので、ケージは

あるから、今から慣れるように

しよう

で、靴、う~ん先に靴下かな?



楽天さん、いつもありがと~

買いました



まずは無理やり履かせて

撮影



いともあっさり脱ぎました

今から慣れようね

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

スポンサーサイト



edit↓top↑